世界は騒がしい

皆様お久しぶりです♪占い梓・Mariです 🙂

 

何度となくご無沙汰しておりますが、もう何事も

なかったように書きます。(笑)ご容赦下さい。

さて、最近ニュースなどで持ちきりだった英国

のEU離脱のお話。

 

早速株式や為替が影響受けましたね。

イギリスがEUを離脱と国民投票の結果が出た

時は、スマートフォンの画面を見て驚きました。

 

さて、このイギリスって本当の名前はイギリスで

はありません。正しくは、

「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」

(United Kingdom of Great Britain and

Northern Ireland)と言います。

つまり、イギリスとは通称のようなものなのですね。

連合王国と言うだけあって、行政も下記のように

分かれています。

 

イングランド

ウェールズ

スコットランド、そして

北アイルランド。

 

そもそもその四つは全く別の国ほどの違いがあり、

言葉もほんのり違いますし、旗も独自のものを持ち

ます。それらを足したものがイギリスの国旗と言われ

るユニオンジャック。こんな感じです↓

Flags_of_the_Union_Jack_jp

あれ?旗三つだよね?と思った方。素晴らしい!

実はウェールズの旗がここには反映されていませ

ん。ウェールズの旗は上記三つとは違い、赤い竜

の絵が描かれていて、どうやら直線で構成される

ユニオンジャックに取り入れづらい等という理由か

ら旗には入っていないようです。

もちろん、反映すべきだ!!!とウェールズの人々

は抗議したのでしょうけれど・・・。

 

そんなイギリスの国民投票は74%の投票率だった

とかで、過半数を超えたのが「離脱」。

EUという共同体に存在していれば、EUどこの地域

でも仕事が出来たりするので、ややこしい労働許可

などの手続きもありません。ま、だからこそ、出稼ぎ

などの理由で、あまり豊かではないEU圏内の移民

がやって来て問題になったりしてしまうのです。

 

イギリスはこの先どうなっていくのでしょうか。

まぁ、この連合国をまとめるのは大変だろうなぁと

ぼんやり考えてしまいました。

スコットランドも独立してEUに戻りたいなんてこと

言い始めているらしいですし。

 

「離脱」という投票結果が出たものの、「国民投票の

やり直し」を求める署名が250万人分すでに集まっ

ているとか。

 

なんだか前途多難な雰囲気ですね。

イギリスは大好きな国の一つなので、なんとか良い

方向にコトが動いたらよいなぁと思っている私です。