ほんのり北欧神話(1)

皆さん、こんにちは。占い梓・Mariです。 🙂

 

今回から、「ほんのり北欧神話」と題して続き物をマイペース

に書いて行こうかなと思っております。

マイペースに、です。(大事な事なので二度言いました。)

 

「え?北欧神話って?」

そう。占い梓の公式ホームページにルーンの説明は掲載し

ていますが、ルーンはそもそも北欧神話に出てくる神様・

オーディンによって生み出された文字なのです。

なので、ルーンの故郷とも言えるのが北欧神話なのです。

 

「で、北欧ってどこ?」

うーん、ほんのり言うと(笑)アイスランド、ノルウェー、

スウェーデン、デンマーク・・・の辺りです。

北欧神話自体は10世紀ごろから伝わったとされています。

 

「フィンランド、抜けてません?」

そうなんです。北欧のひとつで あるフィンランドは、神話体系

がまったく違うそうです。北欧だけでなく、 ドイツやイギリスなど

でも、北欧神話を信仰している人がい たようで、分かりやすく

するために、北欧神話は、「ゲルマン神話」と呼ばれるこ とも

あるそうです。

 

日本にも八百万の神々が登場する神話がありますね。

その北欧版と思って下さい。(ざっくり)

でも、日本のそれと比べて、北欧の神々はなんだか人間味に

溢れていると言うか・・・神々なのに・・・って物語が多いので、

親しみがわきます。北欧の神々については、また別の日に

書いて行きますね。

 

今回は、突然ですが、英語の語源になっているルーン文字♪

というのをほんのり紹介したいと思います。

まずは、こちら。

feo

これは「フェオ」と読むルーンで、元々は「家畜」を表している文字

なのですが、何の語源か分かりますか?

「報酬」とか「料金」という英語の語源なんですよ。

そう、「Fee」です。フェオの形と「FeeのF」も何となく似ていますね。

 

次はこちら。

ansr

これは「アンスール」と読むルーン。元々はオーディンのことを

表していたのですが、知識とか言葉という意味を持った文字。

「答える」という意味の英語、「Answer」の語源です。

Answerはアンサーと読みますので、とっても近いですね。

 

いや~、ほんのり豆知識でした。

 

また、英語の一週間のうち、火曜日~金曜日は北欧神話の

神々にちなんで付けられて いますよ。

 

火曜日 Tuesday = Tyr’s day  チュールの日

😎 チュールは軍神です。勝利の神様ですね。

水曜日 Wednesday = Wodan’s day ウォーダン(オーディン)の日

😎 オーディンは全能の神様。北欧神話の頂点・・・かな。

木曜日 Thursday = Thor’s day  トールの日

😎 トールはソーンとも言います。雷神です。

金曜日 Friday = Freyja’s day  フレイヤの日

😎 フレイヤは女神の1柱。美や豊穣を司ります。

 

ほら、少しは北欧神話に親近感・・・湧きませんか?(笑)

 

次回もこんな感じで、ほんのりと北欧神話に関するお話を

お届けしたいと思います♪

気長にお付き合いくださいね。