哲学の木が・・・。

皆様、こんにちは。占い梓・Mariです♪

 

皆さんは、北海道の美瑛町にある(・・・というか、あった)

「哲学の木」をご存知ですか?

Tetsugakunoki

ちょっと傾いて立っている姿が考えているような様子に

見えたということから「哲学の木」と名付けられた木です。

 

今日、これが伐採されたようです。

(参考:Yahooニュース

 

どうやら、観光客の方々のマナーが問題となってしまった

ということですね。

この哲学の木が立っていたのは、そこで農家をされている

方の敷地だったそうですが、観光客が無断で入り込んで

写真を取ったりしたそうです。また、そのあたりに大切に

育てていた農作物などを踏み散らかされてしまったらしく、

木の所有者の方の苦渋の決断によって、伐採という方法

を選ばれたとのこと。

 

なんとも、悲しい出来事ですね・・・。

 

すでに寿命を迎えようとしていた木とは言え、人間の自分

勝手な行動が原因で、早めに伐採せざるを得なくなった

という事実に、心が痛みました。

 

最近、「我が、我が」という大人が多くなってしまったように

感じます。マナーが悪いと一言で終わってしまわずに、

私たちも他人のふり見て我ふり直せと、一度色んなことを

考えてみた方が良いのかなぁと感じました。